懸垂でワイドグリップにするとどうなる?背中の上部を鍛えられる!

懸垂のやり方
懸垂で背中が鬼の顔を目指す人
懸垂で背中が鬼の顔を目指す人

この記事では懸垂でワイドグリップにするとどこを鍛えられるか・やり方を知れます。

結論としてはワイドグリップで行うと広背筋上部を鍛えることが可能です。

懸垂でワイドグリップにすることで背中の上部を鍛えることができます。

ワイドグリッププルアップと呼ばれる懸垂のバリエーションの1つになります。

逆三角形を際立たせたいならワイドグリップの懸垂を行いましょう!




懸垂でワイドグリップにするとどうなる?広背筋上部を鍛えれる!

懸垂のバリエーションとしてワイドグリッププルアップというものがあります。このワイドグリッププルアップは広背筋の上部をメインに鍛えることができるメニューです。

通常の懸垂よりも手幅を広くし、目安として肩幅の2倍ほどでバーを握ります。通常よりも難易度は若干高くなるでしょう。

広背筋上部を鍛えることで逆三角形を際立たせることができるので、背中をよりシャープに逆三角形を目立たせたい場合にはワイドグリップを取り入れるといいですね!

 

懸垂でワイドグリップにすると広背筋上部を鍛えることができる

ビハインドネックプルアップでも広背筋上部を鍛えることができる

ワイドグリッププルアップ以外でも広背筋上部を鍛えることができるメニューとしてビハインドネックプルアップがあります。

ビハインドネックプルアップはバーを首の後ろに行くように身体を引き上げます。

広背筋上部と僧帽筋を鍛えることができるメニューなので、ワイドグリッププルアップと併用するのもおすすめできます。

 

ビハインドネックプルアップは広背筋上部と僧帽筋を鍛えることができる

 

ビハインドネックプルアップについての記事はこちらへ

ワイドグリッププルアップで目安にすべき効果的な回数・セット数

ワイドグリッププルアップで広背筋上部を鍛えるために効果的な回数とセット数は6回~12回を3セット~5セットを目安にトレーニングしましょう。

注意点としては回数6回~12回で限界を迎えることが大切です。6回~12回で限界を迎えないのであれば、筋肉はしっかり刺激されていないため、効果的な筋トレとは言えないからです。

もし何も身につけないで6回~12回で限界を迎えないのであれば、脚にウエイトをつけて調整するか、別の広背筋上部を鍛えるメニューに変えた方がいいかもしれません。

 

参考資料:スポーツトレーニングの基礎理論

また筋肥大目的ではなく、腕を引き締めたい・持久力をアップさせたい場合は20回~50回を2セット~3セットを目安にトレーニングする必要があるので、目的に応じて回数・セット数を調整してください。

 

ワイドグリッププルアップを鍛えるときの回数・セット数

  • 回数:6回~12回
  • セット数:3セット~5セット

ワイドグリッププルアップで逆三角形を際立たせろ!

ワイドグリッププルアップは広背筋上部をメインに鍛えるメニュー

懸垂でワイドグリップにすることで広背筋上部を鍛えることができるということがわかりましたね!

広背筋上部を鍛えることで逆三角形をより際立たせることができるので、背中をよりシャープに仕上げたいときはワイドグリッププルアップを取り入れましょう。

 

コメント